はとバス日帰りバスツアー

私の日帰りバスツアー体験記

洲崎神社は、海抜110mから海を見下ろす

洲崎神社

【四季の旅】2017年12月19日(火曜日)
海鮮浜焼き食べ放題と安房國三社巡り その③

海抜110mから海を見下ろす「洲崎神社」

安房神社から海岸沿いを走り、バスで約15分で洲崎神社です。
ビックリした、予想もつかなかったロケーションの神社、それが洲崎神社です。

祭神:天比理乃咩命(アメノヒリノメノミコト)
安房神社の天太玉命(アメノフトダマノミコト)の后神(奥様)です。ご利益は、結婚・安産・家内安全。また源頼朝の故事から、再起・再興の神様として信仰されています。

洲崎神社の階段洲崎神社の階段からの眺め

「うわ!すごい急な階段だな〜」

随神門を通り抜けると、壁のような148段の急な階段(厄祓坂)が立ちはだかります。この坂を登ること自体が、厄払いになり、ご利益にもなるのです。

「絶景かな!絶景かな〜!」
今度は、反対に海の方に振り返り見下ろすと、歌舞伎役者のように叫んでしまいそうです。

洲崎神社
洲崎神社
洲崎神社

境内は、中央正面の拝殿の後ろに本殿があります。右に長宮、その奥に金比羅宮(写真:上の中)、左に赤い鳥居4つの稲荷神社があります。

本殿を参拝し降りてきて、参道に面した道路を渡り、浜の鳥居を通りぬけ、海岸に行きました。ここには、そっと幸せを運んでくれるかのような「幸福の鐘」がありました。ここには「御神石」があると、帰ってきて調べてわかったのですが、その時は気づきませんでした。

洲崎神社
洲崎神社・幸福の鐘

「我に、もう一度チャンスを!」源頼朝

1180年、石橋山の合戦で敗れ、海路で安房の地へ避難していた頼朝は、再挙を期して洲崎神社を参拝しました。その後、頼朝は平家討伐を成功させ、見事願いをかなえます。この故事から、洲崎神社も安房神社と同じく「一宮」となりました。

だから、何かに行き詰ったとき、新しいチャレンジをしたい時、洲崎神社を参拝すれば、きっと力になってくれるのです。

鎮座地 – 安房国一宮洲崎神社】参照

最後に

今回の日帰りバス旅行は、とてもゆったりしたスケジュール設定です。
新宿を8:30分に出発し、18時前後には帰ってこられます。また観光地間も近く、長い間バスに乗っていることもありません。トイレが心配な方も、安心してツアーに参加できます。

【四季の旅】海鮮浜焼き食べ放題と安房國三社巡り その①
アクアライン「海ほたる」から海鮮浜焼き食べ放題〉に戻る


pagetop