はとバス日帰りバスツアー

私の日帰りバスツアー体験記

【湯殿山本宮】語るなかれ、聞くなかれ。

湯殿山神社・御朱印

【四季の旅】2018年7月13・14日
出羽三山生まれ変わりの旅 その③湯殿山

【湯殿山本宮】語るなかれ、聞くなかれ

〈祭神〉大山祗神、大国主神、少彦名神

羽黒山から約1時間で、湯殿山レストハウス着。想像していた大きな鳥居が前方に見えます。ここから湯殿山本宮までは、参拝バス(片道200円、往復300円)に乗り約6分ほどです。

湯殿山・鳥居
湯殿山本宮・参道入り口湯殿山本宮と刻まれた大きな石碑

参道入り口の先は、なんと、撮影禁止!

湯殿山本宮と刻まれた大きな石碑と湯殿山御神牛が出迎えてくれます。ここから歩いて5分で、湯殿山本宮・御祓所です。ここでは、まず履物を脱ぎ、裸足になります。お払いを受け、陰陽師が使う式神のような小さな紙の人形をもらい、この人形で体の主なところを拭き、人形に自分の穢れを移します。それから、三度息を吹きかけた後、御祓所の中に流れている渓流(支流)に流します。

そこから30秒ほどで、御神体の前に出ます。申し訳ありませんが「語るなかれ、聞くなかれ」の御神体ですので、書くことも写真で見てもらうこともできません。

「語られぬ 湯殿にぬらす 袂(たもと)かな」
梵字川の渓谷にある「芭蕉の句碑」です。芭蕉も、語ることはできなかったのです。

御神体の横から上に上がり、梵字川の渓谷を眺めることができます。参拝後、御祓所に併設された御神湯風呂(足湯)に足をつけます。湯の温度はかなり高く、1分も足を入れていられません。その後、氷水のように冷たい水道水をかけると、チャキっとしました。

湯殿山御神牛

ところで「なぜ、牛なの?」
湯殿山本宮が丑歳に開山されました。また、湯殿山が春になると牛が寝そべっているような形に雪解け模様がでることに由来して、牛は神の化身として崇められています。
湯殿山神社ホームページより

おまけ、羽生PA「鬼平江戸処」

帰りの2回目の休憩は羽生PAです。ここは、まさに江戸のテーマパークのようでした。深川にある「江戸資料館」にも、ひけをとらない情緒がありました。ちょうど休憩時間が7時過ぎでしたので、かなりいい雰囲気です。休憩1時間ほどとり、ここで夕食をとってから帰りたいと思いました。

桐生SA「鬼平江戸処」

江戸と鬼平

(以下パンフレットより抜粋)
江戸では、元気であたたかく、思いやりと助け合いに溢れた暮らしが日々繰り広げられていました。そんな「江戸びと」の人情味を代表する人物のひとりが、鬼平こと、長谷川平蔵です。実在した火付盗賊改方長官で、池波正大郎氏の時代小説「鬼平犯科帳」の主人公として知られ、根強い人気を誇っています。

「鬼平江戸処」では、そんな江戸を描いた「鬼平犯科帳」の時代、江戸庶民が最も生き生きとしていた十八世紀末〜十九世紀前半の江戸の町と人情を、史実に基づき忠実に再現しました。ここに広がるのは、まさに日本人の心のルーツなのです。

桐生SA「鬼平江戸処」 桐生SA「鬼平江戸処」

江戸の入口「栗橋関所」をくぐると、そこはもう江戸。江戸の繁栄を象徴する「日本橋大店」、下町の「本所深川」、江戸で一番賑わった「両国広小路」の屋台の連なり、鬼平が闊歩した界隈が緻密に再現されています。「鬼平犯料帳」に登場する店名もあちこちに。

屋内の町並みでは、朝・タ・夜が一定の時間ごとに訪れ、売り声や季節の音がゆったり流れます。情緒豊かな江戸世界、鬼平の物語世界が、あたかもタイムトリップしたかのようにリアルに体験できます。

桐生SA「鬼平江戸処」

終わりに

【過去世】月山8号目弥陀ヶ原湿原と御田原神社は濃霧の中、【現世】羽黒山の杉並木では日差しが差し始め、【来世】湯殿山では青空になりました。まるで、人生の縮図のような出羽三山「生まれ変わりの旅」の一日でした。

日を改めて、月山神社本宮で「月読命」を参拝したいと思っています。

湯殿山神社

【月山8号目】濃霧の弥陀ヶ原から月山は見えず!
出羽三山生まれ変わりの旅 その①月山(御田原神社)へ


pagetop