はとバス日帰りバスツアー

私の日帰りバスツアー体験記

かねふく・めんたいパークの〈生〉明太子!

【四季の旅】2018年4月17日(火)
ひたち海浜公園・ネモフィラ〜那珂湊おさかな市場〜かねふく・めんたいパーく その③

めんたいパークの上に、タラピヨ君が。

かねふく・めんたいパーク
かねふく・めんたいパーク
かねふく・めんたいパーク

めんたいパークでは、10分ほどの工場見学ができます。しかし、ちょっと係員の説明の方法を考慮しないと、見学者には説明がよく聞きとれません。施設の説明書きによると、明太子ができる工程は以下の通りです。

  1. 原料仕入れ
  2. 原卵解凍
    約20時間かけてゆっくり解凍します。
  3. 原卵洗浄
    ウロコや骨を洗い流します。
  4. 塩漬け
    1次調味:一晩かけて一粒一粒プチプチした「塩たらこ」に
  5. 異物除去・選別
    腹膜や卵管を取り除き、大きさや成熟度を確認後、選別します。
  6. 調味
    2次調味:唐辛子が入った熟成調味液を注ぎ、約5℃の熟成庫で48〜72時間かけてじっくり熟成させます。

ここで質問です。1日、100人でどのくらい「明太子」を生産するのか?
(答えは、最後に)

明太子を使ったメニュー

明太子を使ったメニューも10種類以上取り上げられていました。

見学の後、できたての辛子明太子を試食できます。冷凍する前の辛子明太子です。これは、おいしい。生ビールと缶やビンビールの違いのように、まさに「生」辛子明太子のようでした。

主な製品はイカ明太、いわし明太、焼き手羽明太、さば明太、明太しゅうまい。それから、明太子豚まん、明太子ソフトクリームまでありました。

かねふく・めんたいパーク
タラピヨぬいぐるみ

タラピヨぬいぐるみ、ジャンボ3,240えん・小1,000えん(税込)。

かねふく・めんたいパーク氷川きよし

氷川きよしがキャラクターでした。知らなかったな。

バスに戻ると、「めんたいパーク限定」明太子味のポテトチップスが席の上に。めんたいパークからのお土産です。ありがとう。

かねふく・めんたいパーク

答えは、5,000kgです。

【四季の旅】ひたち海浜公園・ネモフィラ〜那珂湊おさかな市場〜かねふく・めんたいパーく その③
ネモフィラ「満開」リベンジできました。〉へ戻る


pagetop