はとバス日帰りバスツアー

私の日帰りバスツアー体験記

マザー牧場・桃色吐息のピンクの絨毯

マザー牧場・桃色吐息

【四季の旅】2018年6月13日(水)
アクアライン「海ほたる」〜房州・びわ狩り、枇杷倶楽部→マザー牧場の桃色吐息→はちみつ工房・富津 影丸 その②

マザー牧場のピンクの絨毯・桃色吐息

「道の駅ともうら枇杷倶楽部」鯵飯の昼食の後、50分ほどで「マザー牧場」へ。

色っぽい名の「桃色吐息」といえば、昭和の世代の人は歌謡曲「高橋真梨子の桃色吐息」を思い浮かべることでしょう。文字どおり、艶っぽい歌詞でした。ヒットしましたので、次の歌詞のサビが頭に浮かんでくる方も多いと思います。

♪ 咲かせて 咲かせて 桃色吐息
♪ あなたに 抱かれて
♪ こぼれる華になる

しかし、マザー牧場の「桃色吐息」はとても可愛らしい花です。しかも、雨が降ると花弁を閉じてしまう繊細な性格。今日は曇り時々晴れで、70〜80%の開花状況。花の正式名称は、ペチュニアと言います。大きさも形も、昼顔の花と似ています。

マザー牧場・ペチュニア白

「桃色吐息」のピンクの絨毯(じゅうたん)は、ひたち海浜公園のネモフィラの丘を思いださせます。「桃色吐息」ペチュニアは、ネモフィラの花よりほんの少しだけ大きい。ネモフィラ・ブルーの清々しさに対して「桃色吐息」ペチュニアは色鮮やかなピンク。また、ネモフィラと同じように、白い花もあります。白の「桃色吐息」ペチュニアは、とても清潔感を感じます。

マザー牧場にはいろいろ見処があります。しかし、今回のプランでは1時間の滞在でしたので、この桃色吐息の絨毯しかご紹介できないのが、とても残念です。時間があれば、牧場内を周回している「とんとんバス」「わんわんバス」に乗りたかったですね。(下の写真は「とんとんバス」です)

時間があれば、私はこのような周回するバスには、必ず乗ります。施設の全体がチェックできるからです。チェック後、気に入った場所に向かいます。

最後に、マザー牧場の施設と「まきば売店」内の写真も掲載しておきます。
マザー牧場|花と動物たちのエンターテイメントファーム

マザー牧場から25分ほどで、次の「はちみつ工房」へ。

【四季の旅】
房州・びわ狩り、枇杷倶楽部→マザー牧場の桃色吐息→はちみつ工房・富津 影丸 その③
はちみつ工房の巣蜜と影丸の名物オヤジ〉へ続く


pagetop