はとバス日帰りバスツアー
川越まつり2018

井の頭公園
写真で実感!井の頭公園ブログ
【吉祥寺ねこ祭り2018 10/1-31】
日帰りバスツアー体験記

伊勢神宮 おはらい町&おかげ横丁は、江戸の街並みを再現!

【四季の旅】2018年9月11日(10日夜新宿発)
伊勢神宮 豊受大神宮(外宮)〜二見浦・夫婦岩〜月讀宮・皇大神宮(内宮)〜おはらい町・おかげ横丁 その④

おはらい町、江戸にタイムスリップ!

伊勢神宮(内宮)の宇治橋から1分のおはらい町は、五十鈴川に沿って続くおよそ800mの通りです。切妻・人母屋・妻入り横式の町並みは、まるで江戸の門前町みたい(想像です)。ここでは、たくさんの旨いもの屋があり、お伊勢さんらしいレトロな雰囲気がたっぷり楽しめます。

初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」の周辺エリアガイド
このサイトが、食事処など詳しく紹介していますので、参考になさってください。

おはらい町おはらい町おはらい町

おはらい町で食べた昼食
当初昼食はこれを食べると決めていたものがありました。それは「伊勢角屋麦酒」の地ビールと串差し牡蠣フライでした。
「おかげ横丁」MAPの中にありましたので、「おかげ横丁」の中をくまなく探したのですが見つからず……(悲)。

仕方なく、いろいろ見て「おかげ横丁」を出たところにある「手こね茶屋」の炙りとバッテラ風サンマの2種類の寿司にしました。まあ、これはこれで美味しかったのですが、ビールは地ビールではなかったのがちょっぴり心残り。

さんま二種寿司手こね茶屋伊勢角屋麦酒

後で「おかげ横丁MAP」を確認したら、「伊勢角屋麦酒 内宮前店 内宮の手前200m」とありました。だから、おかげ横丁内にはなかったのです……そんな〜です!

「人力車にじいろ」の北原美希さん。元気◎のお姉さん。
「この人力車、いくら位すると思いますか?」
なんと200万円弱。神輿を作る職人さんに注文して作られたそうです。ちょっと乗ってみたかったけど、この通りは歩いた方がはるかに楽しいです。

「人力車にじいろ」の北原美希さん。

女性に大人気!丸ごと果汁
ひっきりなしに、若い女性が並んでいました。オレンジとグレープフルーツを絞った後、丸ごと元の皮の中にジュースを入れてストローを刺すだけのものです。写真を撮らせてもらいました。残念ですが、顔出しはNGでした。

丸ごと果汁

神宮のアワビ
倭姫命(やまとひめのみこと、後の「おかげ横丁」参照)が志摩の国を巡られていた時、国崎(くざき)の海女がアワビを差し出したことから、鰒(アワビ)調製所が御贄処(みにえどころ)として定められました。だから、アワビは伊勢では人気のある食材です。
御贄処=「皇大神宮」へ奉るお供え物を採る所

アワビの串

珍しいマンボウの干物!限定一点物「はやいもの勝ち!」といっても、50万円→38万円では手が出ません。それにしても、こんな大きな干物を見たのは初めてです。いったいどんな味がするのでしょうか?

マンボウの干物 おはらい町

「赤福」が、年商をかけて建てた「おかげ横丁」

「おかげ横丁」は、おはらい町の中央にあります。赤福の10代目、浜田益嗣さんが当時の赤福の年商に匹敵する140億円をかけて、1993年(平成5年)全27店でオープンしました。2015年には55店舗。ですから、これらの店舗はすべて赤福が経営しているのです。広さは、約4000坪(一辺が115mの正方形くらいで、1ヘクタール)あります。

おかげ横丁 赤福おかげ横丁

神恩太鼓
おかげ横丁の基本精神、今あることを感謝する「神恩感謝」の精神を太鼓の音で表現しています。下の写真は、おかげ横丁の中心にある「太鼓櫓(やぐら)」です。

神恩太鼓おかげ横丁

「招き猫おみくじ」と「おかげ犬みくじ」
店内には約1000種類の招き猫がある吉兆招笑福亭の「招き猫おみくじ」右手を挙げている猫は「金運」を招き、左手を挙げている猫は「お人招き」って知っていましたか?
そして、猫のおみくじがあれば、やはり犬のおみくじも欲しいといったところでしょうか。

猫おみくじおかげ犬みくじ横丁猫めぐり

ぜひ、見ていただきたい「おかげ座・神話の館」

私がお勧めするのは食事処ではなく、「おかげ座・神話の館」です。
入場料:300円。

神話シアター
約10分ほどの日本神話のアニメが上映されます。
【アニメの内容】
①国生み(イザナギとイザナミ)
②黄泉の国
③天照大神
④天の岩戸
⑤五穀の神
⑥八岐の大蛇
⑦倭姫命

「神話の森」和紙の像で作った神話の世界
神話シアターのアニメのシーンをジオラマで再現。和紙彫塑家の内海清美氏の像が、あまりにも素晴らしかった。あまり紹介されたことがないと思いますので、見ていただきたいと思います。

イザナギとイザナミ
国生み
天照大御神
天の岩戸
スサノオと八岐大蛇

『五穀の神』は、日本書紀によります。
ツクヨミはアマテラスの命で葦原中国(あしはらのなかつくに)にいるウケモチという神を見に行きます。ツクヨミをもてなすために、ウケモチは口から米飯、魚、毛皮の動物を出しました。

ツクヨミは汚らわしいと怒り、ウケモチを斬ってしまわれました。後で、天照大神が確認の使いをおくると、ウケモチの頭から牛馬、額から粟、眉から蚕、目から稗、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれた。

ツクヨミとウケモチ五穀の神倭姫命

【四季の旅】2018年9月11日(10日夜新宿発)
伊勢神宮 豊受大神宮(外宮)クリック 〜二見浦・夫婦岩〜月讀宮・皇大神宮(内宮)〜おはらい町・おかげ横丁 その①へ戻る


pagetop