はとバス日帰りバスツアー
1話5分で読める古事記

井の頭公園
写真で実感!井の頭公園ブログ
日帰りバスツアー体験記

みはらしの丘へシーサイドトレインに乗って

【四季の旅】2018年4月17日(火)
ひたち海浜公園・シーサイドトレイン〜那珂湊おさかな市場〜かねふく・めんたいパーく その①の2

シーサイドトレイン
シーサイドトレイン案内看板
シーサイドトレインのチケット

ネモフィラの期間は、シーサイドトレインの通常の出発地と違っていますので、ご注意ください。なお、9番目の駅「記念の森ゲストハウス」は通りません。

シーサイドトレイン周遊便がオススメ!

シーサイドトレイン周遊券は500円で、何回でも乗り降り自由。ラッキーなことに、西口・翼のゲートから右に100mほど歩くと出発乗り場です。

初夏というには早いですが、新芽の柔らかい緑の中を、シーサイドトレインはゆっくり走ります。緑のチトンフィットを吸いながら、体が自然になじんで、すがしい気分になれます。

これが、大正解でラッキーでした。

なぜ、大正解でラッキーかというと、次の2番目の駅「中央ゲート」で満員になり、ほとんどの人々がネモフィラのある「みはらしの丘」(8番目の駅)で降りますので、3〜7番目の駅からでは乗れないからです。また、「みはらしの丘」では、登ったり下ったりかなり歩くことになりますので、体力温存にもなります。

「体力温存、情けない!」

って、声を出したのは誰ですか? 自分でした。歳はとりたくないですね。

ところで、「ネモフィラを早く見たい、シーサイドトレインにも乗ってみたい」という方には、翼のゲートから左へ100mほどの所に「みはらしの丘直航便」(写真・下)が出ています。

「みはらしの丘」でネモフィラを見た後は、シーサイドトレインに乗って西口・翼のゲートに帰るもよし、歩いて「記念の森レストハウス」「スイセンガーデン」「常陸野おみやげ市場」で買い物をするのもよしです。

みはらしの丘直行便

シーサイドトレイン・周遊便ルート

  1. 中央ゲート(常陸ローズガーデン)
  2. フラワーキッズガーデン
  3. 南口・赤のゲート
  4. 砂と海の林
  5. 海浜テラス
  6. 海浜口・風のゲート
  7. 大草原
  8. みはらしの丘
  9. 記念の森ゲストハウス(ご注意:ネモフィラの季節は通りません)
  10. 西口・翼のゲート

出発してすぐプレジャーガーデンの大観覧車が見えてきました。

最初の駅「中央ゲート」で、空いていた席も満席になりました。

駅近くの「常陸ローズガーデン」のバラ(5月中旬〜6月上旬)は、まだまだ咲いていません。咲いていたら降りて見るのもよいと思ったのですが。

フラワーキッズガーデン

フラワーキッズガーデン」は、まさに子どもの遊園地。乗ってたお子さんも「あすこに行きたい」と言っていましたが、お母さんに「後で」って言われていました。

後で、連れてってもらえるかな?

と、思っているうちに「南口・赤のゲート」。満員でしたので、ここは通過です。これ以後も降りる人が一人もいなかったので、各駅は通過です。待っている人、ごめんなさい。


これより「砂と海の林」に向かいます。

砂丘エリアを通り、

海浜テラス」からは、海も見えてきます。「海浜口・風のゲート」では砂丘観察園が見えます。待っている方、ごめんなさい、満席で通過します。


大草原エリア」をすぎると、「みはらしの丘」のネモフィラが見えてきました。2日前にテレビで紹介されていましたので、混雑は覚悟していましたが、いや〜、火曜日だというのに混んでますね。まだ午前10時30分です。

【四季の旅】ひたち海浜公園・シーサイドトレイン〜那珂湊おさかな市場〜かねふく・めんたいパーく その①
ネモフィラ「満開」リベンジできました。〉へ戻る

【四季の旅】ひたち海浜公園・ネモフィラ〜那珂湊おさかな市場〜かねふく・めんたいパーく その②
那珂湊おさかな市場、ネタが大きい!お寿司〉へ続く


pagetop