はとバス日帰りバスツアー
1話5分で読める古事記

井の頭公園
写真で実感!井の頭公園ブログ
日帰りバスツアー体験記

三峯神社の超強力お犬様パワースポット

氷結した秩父荒川

【四季の旅】2018年2月27日(火曜日)
三峯神社・秩父神社・宝登山神社三社巡りその①

パワースポット神社巡りは、これで5回目になります。
私は埼玉県出身ですが、パワースポットの強い三峯神社が秩父にあるとは知りませんでした。2月9日、 石原さとみさん主演『アンナチュラル』出演の俳優・井浦新さんが、【TBS】『スマイルすきっぷ』[西武秩父]でスマイルチャージ!に出ていて、三峯神社の「氣守」をいただくのを見て、

「えっ、埼玉にも有名なパワースポットがあったんだ」

と思い、この日帰りバスツアーに参加しました。秩父はまだ寒さが厳しく、荒川も氷結していました。

三峯神社の超強力お犬様(オオカミ)パワースポット

〈祭 神〉イザナギノミコト、イザナミノミコト
〈御神徳〉開運成就、夫婦円満、厄除け一般

【由緒】東征中のヤマトタケルが回った東国を巡幸されたタケルの父・景行天皇が、雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の3つの峯が美しく連なることをお聞きになり、「三峯山」と名付け「三峯宮」の称号をたまわりました。

三峯神社の三鳥居

三ツ鳥居から始まる三峯神社ご参拝

秩父市営駐車場でバスを降りてから3分ほどで、珍しい三ツ鳥居に出ます。右に「神徳」左に「無邊」のお犬様が参拝する人をシャキッとした姿で見張っています。

三ツ鳥居をくぐると、木々に覆われた参道は午前中ということもあり、寒いくらいですが、心身ともに清浄にしてくれます。

遥拝殿
ヤマトタケル像
随身門
三ツ鳥居から5分ほど歩くと、右に遥拝殿、正面の小丘にヤマトタケル像、左に随身門に分かれる交差点に出ます。遥拝殿に上がると、三峯神社・奥宮がある妙法ヶ岳を眺められます。正面の小丘の上にあるヤマトタケル像は、5.2mあります。

左に曲がり、随身門から入ると5分ほどで三峯神社・拝殿に出ます。拝殿の両脇に樹齢800年の(畠山)重忠杉が気を放っているかのように天に伸びています。

「なぜこんなにも赤が使われているの?」と思うほど、拝殿の装飾は豪華絢爛です。

拝殿の装飾
三峯神社・拝殿
浮かび上がった龍神

ところで、拝殿左下に、水が龍神になって現れたという模様があります。この龍は、2012年の辰年から浮かび上がったそうです。縁起物だとされて、これを写真に撮って待ち受け画像にすると良いことが起こるそうです。

(下の写真1枚目)拝殿の裏に小さな本殿があります。さらに右手の方へ行くと、(下の写真2枚目)祖霊社・国常立神社と(下の写真3枚目)日本武神社・伊勢神宮・小さな摂末社が並びます。

三峯神社拝殿と本殿祖霊社と国常立神社日本武神社と伊勢神宮・摂末社

4色ある氣守は、いつでもいただけます。

拝殿の左方面に作務所があり、まず御朱印をもらいました。また、毎月の朔日(1日)の「白い氣守(2,000円)」ではありませんが、ピンク・赤・青・緑の氣守(各1,000円)は、いつでもいただけます。私は、ピンクと緑をお借りしてきました。氣守は、三峯神社では一年後お返しする習わしですから、お借りするといったほうが適切ですね。

4色ある氣守
毎月の朔日(1日)は、ものすごい混雑になるそうです。バスで三峯神社に行くだけでも、通常1時間のところで3〜6時間もかかるそうです。朔日(1日)のみにいただける「白の氣守」は、それほど人気があります。お姉さんが浅田真央さんに贈ったことで人気に火がつきました。

作務所のとなりが宿泊施設の興雲閣です。ここでは、有料ですが温泉に入ることができます。興雲閣の裏手にはさらに先から回りこまなければ行けないのですが、鐘楼があります。すぐ脇に天然記念物の「三峯モミ」も植わっています。ここから、見渡す景色は、秩父ならではの渓谷が見渡せます。
※神社にはもともと鐘楼はありませんが、神仏混淆の時代の名残です。

三峯神社・鐘楼

あなたは誰と縁を結びますか?

光雲閣から3分ほど行くと「えんむすびの木」があります。最初、説明の「2枚の紙に名前を書いて〜」がわからず、1枚に2人の名前を書いた2枚の紙を納めてしまいました。直後「アッ、2枚の紙に男女それぞれの名前を書んだ」とわかりました。でも、書き直すのも変かなと思い、そのままにしておきました。
写真では、建物の上に見えるしめ縄が巻いてあるのが「えんむすびの木」です。モミとヒノキの木が寄り添い一つになっています。

えんむすびの木 御仮屋神社

三峯神社、最強のパワースポット遠宮・お仮屋神社

さらに歩いていくこと1分で、お仮屋神社に出ます。お犬様(オオカミ)です。ここが、三峯神社では一番強いパワースポット処と言われています。参拝後、建物の周りを一回りします。

由緒では、ヤマトタケルが東征の帰り道に初めて三峯神社を祀られた時、道案内を務めたのがこのお犬様です。その忠実さと勇猛さによって、三峯神社の御眷属に定められたと伝えられています。 「御眷属」とは、仏教用語で親しく従う者という意味です。

三峯神社ホームページ

終わりに

〈灯台下暗し〉とは、よく言ったものです。埼玉県出身の私ですが、65年間〈三峰神社〉を知らなかったです。また〈三峰神社〉が、関東でも屈指のパワースポットであるとも知りませんでした。もっと早く参拝していればよかったと思います。

【四季の旅】三峯神社・秩父神社・宝登山神社三社巡りその②
秩父神社「お元気三猿」などの豊富な彫刻群〉へ


pagetop