はとバス日帰りバスツアー

私の日帰りバスツアー体験記

一日で、戸隠神社五社めぐり

奥社参道杉並木

おもな観光地(四季の旅:2017年11月15日、9,980円)

  1. 奥社参道・随神門・杉並木
  2. 奥社・九頭龍社
  3. 宝光社
  4. 火之御子社
  5. 中社

戸隠神社にまつわる天岩戸の伝説

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が弟の須佐之男命(スサノオノミコト)の乱暴ぶりに怒り、天の岩屋に隠れ、戸を閉ざしました。天の岩屋の前に集まった八百万の神は、何とか天照大御神に出てきてもらうよう相談しました。そして、天八意思兼命(アメノヤゴコロオモイカネノミコト)が思案し、天鈿女命(アメノウズメノミコト)が岩戸の前で、少しエロチックな舞を踊ります。八百万の特に男神は、大いにはやし立てました。

「なにごとか、外が騒がしい?」

と、天照大御神が岩戸を少し開けたとたん、力自慢の天手力雄命(アメノダヂカラオノミコト)が岩戸を投げ飛ばし、天照大御神を外に連れ出しました。こうして、光が世界に戻りました。この時、投げ飛ばされた岩戸が信州の山に落ち、ギザギザの峰になり、戸隠山と名付けられました。

奥社参道・随神門・杉並木

隋神門

奥社参道入口から中間の「随神門」までは約20分。この門は仏教の仁王門と同じで、左に櫛石窓神(クシイワマドノカミ)と右の豊石窓神(トヨイワマドノカミ)が悪いものが入らぬように守っています。

門をくぐると、樹齢400年を超えた杉並木(両側に約80本ずつ)がひんやりとした空気とともに、私たちを迎えてくれます。

奥社参道杉並木
奥社側から見た杉並木、奥に見えるのが隋神門

「この杉並木が見たかった!本当に来れたんだ!」
という思いでいっぱいになりました。

吉永小百合さんが入った洞の杉

随神門から5分ほど歩くと、右に2010年9月JR東日本のCM「大人の休日倶楽部・戸隠編」で吉永小百合さんが入った洞の杉があります。今はしめ縄がはってあり、入れません。

戸隠神社奥社・九頭龍社

奥社(祭神=天手力雄命/心願成就・スポーツ必勝など)
九頭龍社(祭神=九頭龍大神/雨乞い・虫歯の神など)

戸隠山を背景にした奥社と九頭龍社

随神門から20分ほどで奥社・九頭龍社です。最後のきつい石段を登ると、ノコギリ状の戸隠山を背景にした奥社が現れます。左となりに九頭龍社があります。意外と、どちらも小ぢんまりした大きさです。

九頭龍社

九頭龍大神は、梨が大好物。一生梨を食べないと誓うとが歯が良くなるそうです。

奥社の参道で、驚いたことがあります。70歳ほどのご高齢の夫婦が、杖をついて歩いているのです。人生最後の方(?)で、こうして二人で参拝できるのは、なんとも幸せなことだと思いました。

熊笹ソフトクリーム

参道入口の鳥居を出ると、すぐ左に蕎麦処「なおすけ」があります。ここの評判の「熊笹ソフトクリーム」(350円)を、食べてみました。甘みを抑えたさっぱりした味で美味しい。ですが……

??? 熊笹は食べたことがない。笹の味が分からない!

宝光社

(祭神=天八意思兼命の子 天表春命 アメノウワハルノミコト/開拓学問・子供女性の神)

宝光社

奥社参道入口からバスで10分ほどで宝光社。案内によると、この階段なんと270段「ヤバい!」と、心が折れる思い。が、1段が10cmほどで、登りやすかったです。

神道へ

宝光社参拝後、7年ごとに父・天八意思兼命に会いに行く時、天表春命が乗るきらびやかな神輿(しんよ)をみて、神道(かんみち)を歩きはじめます。11月ならでは、落葉樹の葉がしきつめられ、クッションとなり、足には優しい道でした。

10分ほど歩くと、昔は奥社には入れない女性も参拝できるようにした場所に伏拝所(ふしおがみじょ)の石碑、日本で初めて野鳥の声を全国放送したNHK小鳥の声放送記念碑が左にあります。

火之御子社

(祭神=天鈿女命/舞楽芸能・縁結びの神など)

火之御子社と縁結びの二本杉

さらに8分ほど歩くと、火之御子社です。社の左奥に縁結びの二本杉。右の方には西行桜。古い木のはずなのに、ちいさな木でした?

この木のいわれの西行と子供たちの掛け合いには、犬猿の仲、思わずクスっとしてしまいます。

西行「さるちごと 見るよりはやく 木にのぼる」
(猿の子のように見えたが、すばやく木に登る人の子供だな〜)
子供「犬のようなる 法師来れば」
(猿とは仲が悪い犬のような法師が来たからさ!)

ポッチ盛りの戸隠そば

戸隠そばは、まず塩だけでいただきます。

中社を参拝する前に「葉隠」で戸隠そばをいただきました。出てきたそばは、小分けした戸隠伝統のポッチ盛りです。

「今年のそばは、良い出来です。まずは塩をひとつまみかけて、召し上がってください。そばの香りが引き立ちます」

戸隠独自の塩だけでそばを食べるのは初めてでしたが、そば本来の香りと味がよく分かります。天ぷらをつゆではなく、初めて塩でいただいたのと同じ驚きでした。この食べ方は、癖になります。つるっとした歯ざわりとしっかりしたコシで清々しくなりました。

戸隠神社中社

(祭神=天八意思兼命/学業成就・試験合格・家内安全など)

戸隠神社・中社

そして、今日最後の中社へ。戸隠神社で一番大きい中社の境内には、見るべき所がいろいろあります。中社の鳥居を真ん中に正三角形の頂点に植えられた三本杉、鳥居を入るとゆるやかに登れる女坂、古くは真言宗と争って殺されたという天台宗の宣澄を祀った宣澄社などなど。

中社・境内案内図

その中で、知らなかった〈さざれ瀧〉が中社の右奥にありました。この〈さざれ瀧〉をスマホの待ち受け画面にすると、金運が上がるそうです。ラッキー!すぐ iPhone7 に設定しました。

ですが、中社に来て階段の上り下りをしていた時、普段歩いていないので左膝が悲鳴をあげました。ギリギリで回れた戸隠神社五社めぐりした。

中社・さざれ瀧

最後に

1日で戸隠神社五社回るのは、正直大変かなと思っていました。しかし、2つのコースに分けた設定が良かったので、とてもゆったり回れ、諦めていた戸隠そばも食べられました。とても良い日帰りバスツアーでした。


pagetop