【東国三社】鹿島神宮とご祭神タケミカヅチの神。奥宮の御朱印も。

タケミカヅチノカミ 神社とご祭神

タケミカヅチノカミとは?

タケミカヅチの誕生

「愛するイザナミの命を、
たった一人の子の命とかえるとは思いもしなかった」

カグツチを生んだイザナミは、子の火力でほと(女陰)をやけどし、死んでしまいました。イザナギはイザナミの亡骸を埋葬しましたが、イザナギの悲しみはいつまでも癒えません。ついに、イザナギの悲しみは怒りに変わり、十拳剣(とつかのつるぎ)を手に取ると、カグツチの首をはねました。

剣の切っ先についた血が岩に飛び散り、イワサクノカミ、ネサクノカミ、イワツツノオノカミの三柱の神が生成しました。また、剣の根元についた血が岩に飛び散り、ミカハヤヒノカミ、ヒハヤノカミ、そしてタケミカヅチノカミの三柱の神が生成したのです。

神武天皇を助けるタケミカヅチの剣・布都御魂

「我々は日の神の御子なのに苦戦したのは、
日の昇る東に向かって戦ったからだ。これからは日を背にして戦おう」

カムヤマトイワレビコ(後の神武天皇)の東征時、兄のイツセノミコトは早々に死んでしまいました。しかし、一行はさらに南へ向かい、熊野村に着いた時、カムヤマトイワレビコと家来たちは具合を悪くし、寝込んでしまいました。

この時、熊野の高倉下(たかくらじ)が、カムヤマトイワレビコに一振りの太刀を奉りました。すると、天つ神御子と家来の体調も良くなり、その太刀を手にすると、熊野の荒ぶる神を倒すことができたのです。

カムヤマトイワレビコは不思議に思い、高倉下にその太刀のいわれを問いました。

高倉下が告げた不思議な夢

アマテラスとタカギノカミが、タケミカヅチを呼んでこう述べたのです。
「お前が説得して平定した葦原中国はたいへん騒がしい。
私の子は苦戦しているようだ。だから、お前が降って助けなさい」
タケミカヅチは、答えました。
「私が降っていかなくても、その国を平らげた太刀があります。
高倉下の蔵の屋根に穴を開けて、その太刀を下ろします」

それから、夢の中でタケミカヅチは私にも申しつけしました。
「朝目覚めたら蔵に行き、その太刀を天つ神御子に献上しなさい」

この太刀は、布都御魂ふつのみたま:他の呼び名もあり)といい、石上神宮(いそのかみじんぐう〜奈良県)に鎮座しています。布都とは、物を切断する時の音で「フッ」と切れるほど鋭いことを表しています。

タケミカヅチの最大の功績は、出雲の国譲り

タケミナカタノカミと諏訪大社4社 タケミカヅチ vs タケミナカタ】参照

雷神タケミカヅチと鹿島神宮

2018年12月24日、東国三社巡り(鹿島神宮・息栖神社・香取神宮)バスツアーで、鹿島神宮を参拝しました。この鹿島神宮と香取神宮は、京都や奈良にとっては東の果て、僻地です。

しかし、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式神名帳』という官社のリスト2,861社の中で、「神宮」と呼ばれているのは、伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮の三社だけです。
しかも毎年、鹿島神宮と香取神宮には勅使が派遣されていたというのです。第二の宗廟とまで呼ばれた宇佐神宮に対しても6年おきの派遣だったそうです。

いかに、鹿島神宮と香取神宮が特別扱いされていたか、よくわかります。また、鹿島神宮の本殿は北を向いています。これは、東北の蝦夷の北方鎮護のためだそうです。そこで、高天原でも重要な神である武神タケミカヅチが鎮座しているのだそうです。

鹿島神宮の第一鳥居は海の中

(写真下・車窓)江戸時代など鹿島神宮にお参りするには海路の方が便利だったからだそうです。

鹿島神宮・一之鳥居

バスは鹿島神宮の大鳥居(二之鳥居)わきの駐車場に着きました。鹿島神宮のみは地元のガイドさんが案内してくれますので、初めての方にも安心です。

鹿島神宮の大鳥居と「鹿島立ち」の石碑

鹿島神宮の大鳥居

この大鳥居は2011年3月11日の東日本大震災で倒壊しましたが、2014年6月に御手洗池(後述)近くに生えていた樹齢600年の杉を笠木(かさぎ)に使用し、再建されました。
笠木=鳥居・塀・門などの上に横にわたす木。

大鳥居の右にある「鹿島立ち」の言葉の元となった石碑

鹿島立ちの石碑

霰降り 鹿島の神を祈りつつ 皇御軍(すめらみいくさ)に 我は来にしを
大舎人部千文(おおとねりべのちふみ)−万葉集より−

故郷を後にした軍人が、鹿島の神タケミカヅチに祈願した歌です。この歌より出発する門出を「鹿島立ち」と言うようになりました。

ガイドさんの案内で鹿島神宮観光

大鳥居を入り、私たちもガイドさんの案内で鹿島神宮を見ていきましょう。

鹿島神宮の楼門は、日本三大楼門の一つ。

鹿島神宮の楼門

他の二つは、筥崎宮と阿蘇神社の楼門です。楼門の中央にに掲げてある額のことを神額といいますが、書いたのは東郷平八郎です。香取神宮の神額も同じ。楼門の左前にある手水舎前で説明を受けました。

鹿島神宮の手水舎前にて
鹿島神宮の二郎杉

楼門を入った右に二郎杉。高さ40m、樹齢700年。境内で2番目に大きな木ということで、「二郎杉」と名がつきました。

鹿島神宮の拝殿・本殿・ご神木

鹿島神宮の拝殿

拝殿の横に入り、ガイドさんの説明がありました。
(写真・上)左の拝殿から幣殿、石の間と続き、本殿までは、日光東照宮と同じ権現造。
(写真・下)本殿は切妻造で屋根が前方にゆるやかな曲線を描いている三間社・流造(ながれづくり)。本殿の後に見えるのが、ご神木の杉です。入ることはできません。

鹿島神宮の本殿とご神木
鹿島神宮のご祭神についてのガイドさんからの説明

鹿島神宮のご祭神・タケミカヅチについてのガイドさんからの説明を受けています。なんでも、両国国技館には、壁画『国譲りの力くらべ』があるそうです。(写真・下)左上の写真で、ちょっとテカって見づらいですね。
また、拝殿が北向きの理由なども説明してくれました。

両国国技館の壁画
鹿島神宮の拝殿

「なんで、拝殿の前に鳥居があるのですか?」と、私。
「これは鳥居ではありません。門なのです」とガイドさん。
う〜ん、そう言われても? 門なら、わざわざ鳥居の形にしなくてもいいのでは……。

清々しい奥宮に続く300mの奥参道

境内案内と鹿島七不思議

奥参道に入ったすぐ右に「境内案内と鹿島七不思議」の看板があります。

鹿島七不思議とは?
確認できないこともありますが、
①要石 その根底ふかくて図り知れずという
②御手洗 池の深さ大人 小人によらず乳を過きずという
③末無川 川の水 流れ行くほど追々かれて行末知らず
④藤の花 御山の藤の花の多少によりその年の豊凶を予知すること
⑤海の音 浪の響が上(北)の方に聞えれば日和。下(南)に響けは雨降るという
⑥根上りの松 すべて御山の内の松 幾度伐れども伐り跡に芽出て枯れることなし
⑦松の箸 鹿島の松で作る箸は松脂の出たことなしという

鹿島神宮の奥参道
奥参道で行われる流鏑馬の写真

奥参道の樹木は、スギ、ヒノキ、スダジイ、タブ、サカキ、モミなど。
また、この奥参道は、流鏑馬にも使われています。この流鏑馬の馬は日本古来の小さい馬を使用して行われます。テレビタレント森泉のお父さんも、毎年参加されているそうです。

さざれ石

奥参道中ほど左にあるにあるさざれ石とニホンジカが飼育されている鹿園

タケミカヅチは、白い鹿に乗って春日大社に向かうという草創の伝説もあります。春日大社のご祭神はフツヌシです。日本書紀には、タケミカヅチとフツヌシの二柱の神は共同で出雲の国譲りを行ったとあります。フツヌシは、古事記には出てきません。

タケミカヅチには、タケフツノカミ、トヨフツノカミの別名があります。元来剣の神で、同じ神かもしれません。

鹿園
奥参道のハートの樹やシカの樹

奥参道には、ハートやシカ(あるいはラクダ)のようにみえる樹があります。知る人ぞ知る樹です。鹿園から少し先です。そして、荒御魂を祀った奥宮に着きました。

鹿島神宮の奥宮

鹿島神宮の奥宮
鹿島神宮の奥宮

奥宮には、タケミカヅチの荒御魂(あらみたま)が祀られています。神の荒ぶる側面が荒御魂です。反対に穏やかな優しい面が和御魂(にぎみたま)といいます。
また、荒御魂を参拝する時は、拍手をパンパンと音を立ててはいけません。ご注意ください。

慶長10年(1605年)、家康公によって本宮の社殿として奉納されました。が、元和5年(1619年)、秀忠公によって現在の本宮社殿が奉建されたため、この場所に移して奥宮となりました。

鹿島神宮の奥宮から要石へ

鹿島神宮・要石へ
タケミカヅチノカミ

奥宮の左からさらに5分ほど歩くと、鹿島神宮最大のパワースポット「要石」があります。途中に、タケミカヅチがナマズの頭を抑えている石碑もあります。

鹿島神宮・要石

要石の両側の二つの立て札には、一茶の俳句と説明があります。

大地震(おおなゑ)に びくともせぬや 松の花

この石、地を掘るに従って大きさを加え、その極まる所しらずという。
水戸黄門仁徳録に、七日七夜掘っても掘っても掘り切れずと書かれているそうです。
また、要石の大きさは30cmほどですが、過去の絵図を見るとかなり大きいですね。氷山の一角のように、大部分は地下に埋まっているのかもしれません。

鹿島神宮・要石
錦絵「鯰絵」

ところで、浮世絵・錦絵「鯰絵(なまずえ)」があるのをご存知ですか。
「要石」と書いてある絵もありました。鯰絵は縦長の1枚もの(88枚)と横長の2枚もの(83枚)があり、とても面白いです。浮世絵で、地震という悲惨さを笑い飛ばしている江戸っ子気質を感じます。

要石から御手洗池へ

要石から奥宮に戻ると、奥参道の端に茶店があります。ここを右に2〜3分ほど下っていくと、御手洗池に出ます。

鹿島神宮・奥宮前の茶店
鹿島神宮・御手洗池へ
鹿島神宮・御手洗池

鹿島七不思議②御手洗:池の深さ大人 小人によらず乳を過きずという
ガイドさんの説明写真をみてください。すごい数の人が池に入っています!

鹿島神宮・御手洗池
大鳥居に使われた杉の切り株

「鹿島神宮大鳥居 笠木御用材 樹齢約600年」の立て札が立っています。

鹿島神宮・御朱印所
東国三社巡りお守り

東国三社巡りの共通三角お守り。三角形の各面に、鹿島神宮・息栖神社・香取神宮の丸い立体シールがはめ込めます。
では、最後に御朱印をいただいて、鹿島神宮の参拝を終わります。

鹿島神宮と奥宮の御朱印

鹿島神宮と奥宮の御朱印

終わりに。

浮世絵の錦絵「鯰絵(なまずえ)」は10年以上前から知っていたのですが、このナマズを抑えた人間(と思っていました)がタケミカヅチの神様だとは考えたこともありません。単なる、山伏かなんかだと思っていました。まさか、鹿島神宮のご祭神だとは!

江戸にこんなにも多くの鯰絵(なまずえ)が流行っていたのは、江戸の人々の鹿島神宮への関心が高かったからなのですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました