八重垣神社とご祭神スサノオとクシナダヒメ(イナダヒメ)ヤマタノオロチ

八重垣神社・拝殿 神社とご祭神

2019年7月13日(土)、美保神社・八重垣神社・出雲大社を参拝してきました。
新宿出発は、前日12日(金)の夜9時45分です。

スサノオ、ヤマタノオロチ退治後クシナダヒメと結婚。

スサノオ、高天原から追放される。

アマテラスが天岩屋戸に隠れたのは、スサノオの横暴が原因です。そのため、スサノオは罪をあがなう品物を納めさせられ、髭を切られ、手足の爪を抜かれて高天原から追放されました。

スサノオと「五穀の種の起源」
高天原を追放されたスサノオは、罪をあがなうための食物をオオゲツヒメに求めました。女神は、鼻、口、尻から食物を出して差し出しました。スサノオはその行為が汚れているとして、女神を殺してしまいます。

殺されたオオゲツヒメの頭から蚕、目から稲、耳から粟、鼻から小豆、陰部から麦、尻から大豆が出てきました。別天神(ことあまつかみ)の一柱のカムムスヒノカミは、これらを拾い上げ「種」として葦原の中国(地上界)にもたらしました。

スサノオとクシナダヒメ(イナダヒメ)の出会い

スサノオは出雲国の斐伊川(ひいかわ)に高天原から降りてきました。川面を見ると、箸が流れてきました。
「誰か、上流に住んでいるのか」
上流に行くと家があり、老夫婦と娘の3人がいて、なにやら泣いているようです。

「あなた方は誰で、なんで泣いているのか」
「私は国つ神オオヤマツミの子アシナヅチ、妻はテナヅチといいます。私たちには8人の娘がいたのですが、毎年ヤマタノオロチに一人ずつ食べられてしまいました。今残っているのは、このクシナダヒメだけなのです」

スサノオ「ヤマタノオロチは、どんな怪物なのか?」

「目は赤く、頭は8つ、尾も8つあります。体は8つの峰と谷にまたがる大きさの怪物です」
答えるアシナヅチに、スサノオは「私はアマテラスの弟スサノオという。その怪物を退治したら、娘を私にくれるか」
「天つ神様なら、喜んで娘はさしあげます」

スサノオはクシナダヒメを櫛に変え、髪にさすと怪物退治の準備を老夫婦にさせます。
「家の周りに垣根をめぐらし、8つの穴をあける。穴の前には台をおき、その台の上に器をおく。その器に8回繰り返し醸造した強い酒を入れて、待つことにする」

やがて、ヤマタノオロチがやってきました。スサノオと老夫婦は、そっと外をうかがいます。すると、怪物は8つの穴に8つの頭を入れると、酒を飲みはじめました。やがて、酔って寝てしまいました。

ヤマタノオロチの尾から草薙剣

すかさず、スサノオは十拳剣(とつかのけん)で怪物を切りきざみます。怪物の体から血が大量に流れ、斐伊川は真っ赤に染まりました。最後に尾に剣をさすと、なにか固いものにあたり、剣の刃が欠けてしまいました。よく見ると、なんと尾の中には神々しい剣が入っていたのです。

その剣は「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」と呼ばれ、のちに「三種の神器」の一つになります。スサノオはことの始終をアマテラスに報告し、草薙剣を献上しました。

その後、スサノオとクシナダヒメは新婚の宮を建てるため、場所を探します。ふたりは

「ここに来て、心はすがすがしい」

と、いった場所を見つけました。その地は「須賀」(島根県)と呼ばれるようになりました。ふたりの子孫が、因幡のシロウサギで有名なオオクニヌシの神です。

そして、須賀の宮をたてた時、雲が立ちのぼったので、スサノオが次の歌を詠みました。

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠(ご)みに 八重垣作る その八重垣を

八重垣神社の境内にある石碑。
また、八重垣神社では、クシナダヒメは別名であるイナダヒメとしています。

八重垣神社のご案内

連理玉椿、乙女椿(夫婦椿)、子宝椿(夫婦椿)

連理玉椿
連理玉椿は、鳥居とは道路を挟んだ反対側にあります。
イナダヒメが立てた2本の椿が芽吹き、地上で一体となったことから、夫婦の契りの象徴として神聖視されるようになりました。
乙女椿(夫婦椿)佐久佐女(さくさめ)の森へ渡る通路近くにあります(後述)。
子宝椿(夫婦椿)佐久佐女の森の入り口にあります(後述)。

鳥居の向こうには、隋神門と拝殿が一直線上に見えます。

隋神門の後ろには、珍しい狛犬が座しています。

狛犬の右手にある社務所で御朱印をいただき、、佐久佐女(さくさめ)の森(後述)にある鏡の池(姿見の池)に浮かべる占い紙(100円)を購入しておきましょう。

八重垣神社・拝殿

拝殿。拝殿の裏に本殿があります。

八重垣神社・拝殿と本殿

八重垣神社のご祭神・ご神徳

【ご祭神】
素盞嗚尊(スサノオノミコト)
稲田姫命(イナダヒメノミコト)
【ご神徳】
縁結び、夫婦和合、家内安全、授児安産など。

イナダヒメの父脚摩乳(アシナヅチ)神社と伊勢宮

(写真・上)本殿右側にあるイナダヒメの父脚摩乳(アシナヅチ)神社と伊勢宮
(写真・下)本殿左側にある貴布禰神社とイナダヒメの母・手摩乳(テナヅチ)神社

貴布禰神社とイナダヒメの母・手摩乳(テナヅチ)神社

境内の左奥にある山神神社と夫婦杉(乙女椿)
ご祭神は大山祇命(オオヤマツミノミコト)。社の左側に、夫婦和合の象徴でしょうか、男性のシンボルが立っています。

夫婦椿(乙女椿)の右横の門をくぐって、奥の院 佐久佐女(さくさめ)の森へ向かいます。

門のすぐ右側、木の祠にも男性のシンボルが立っています。

奥の院 佐久佐女(さくさめ)の森

八重垣神社のご由緒によると、『古事記』のクシナダヒメは櫛に変えられスサノオの髪に刺されたのではなく、佐久佐女の森に隠されます。スサノオは、大杉のまわりに八重の垣を巡らしました。大垣、中垣、万垣、西垣、方定垣、北垣、袖垣、秘弥垣です。
文豪・小泉八雲は、佐久佐女の森を「神秘の森」と称しました。

佐久佐女の森で行われる身隠神事(みかくししんじ)
毎年5月3日の夕刻、本殿から奥の院の夫婦杉(写真・下)に向かって神輿による神幸行列が行われます。


奥の院 佐久佐女の森にある夫婦杉

鏡の池(姿見の池)

鏡の池(姿見の池)
イナダヒメはヤマタノオロチから隠れていた時、この池の水を飲料水にし、自分の姿を映していたりしていました。だ方、この池には稲田姫の御神徳が染み込んでいます。
だから、鏡の池(姿見の池)で社務所で買った占い紙を浮かべて占うことができます。
早く沈めば(15分以内)縁が早く、遅く沈む(30分以上)と縁が遅く、近くで沈むと身近な人、遠くで沈むと遠方の人とご縁があると伝えられています。

佐久佐女の森 天鏡神社

天鏡神社
鏡の池(姿見の池)の後ろにあります。ご祭神は、もちろん稲田姫命(イナダヒメノミコト)です。

八重垣神社の御朱印

八重垣神社の御朱印

終わりに。ご祭神はみな親族なのです。

出雲大社、美保神社、八重垣神社のご祭神とご案内はいかがでしたでしょうか。

出雲大社のご祭神オオクニヌシは、八重垣神社のご祭神スサノオの子孫。美保神社のご祭神コトシロヌシは、オオクニヌシの正統な長男です。

このように、出雲大社、美保神社、八重垣神社のご祭神はみな繋がっています。この三社のご神徳である縁結びは、一族一丸となってあなたにきっと良い縁組をもたらしてくれるでしょう


コメント

タイトルとURLをコピーしました