2019年8月14日、古峯神社・日光東照宮と奥宮、二荒山神社を参拝しました。「四季の旅」利用

古峯神社の御朱印、なんと30体!

あなたはどの御朱印が好きですか?

神職さん4、5人で書かれているようなバラエティに富んだ御朱印30体。しかし、毎日すべての神職さんが、出ているのでしょうか?(ご朱印は、1体・2体と数えます)


これが、一番人気の御朱印。自由時間の関係から、書き置きしたものをいただきました(500円)。できれば、御朱印帳に直に書いてもらいたかったです。

天狗と烏天狗もご祭神?

そもそも、天狗とは何か?

古峯神社のご祭神はあのヤマトタケルですが、社殿の中にはたくさんの天狗・烏天狗が面が見おろしています。全身像もあります。

天狗は、日本の民間信仰において伝承される神や妖怪ともいわれる伝説上の生き物。一般的に山伏の服装で赤ら顔で鼻が高く、翼があり空中を飛翔します。俗に人を魔道に導く魔物とされます。また、天狗の行う法術・呪術は外法であると考えられており、天狗のことを外法様といいます。

古峯神社では、なぜ魔物と言われている天狗を、こんなにも集めているのでしょうか?「ご祭神の使い」という役割で、祀られています。まるで、天狗がご祭神であるかのようです。


クチバシがあるのが、烏天狗です。ご覧のように、たくさんの人々が触るので、黒塗りがはげています。

ケヤキを一刀彫りした大
烏天狗(左)鼻の高さ91cm
顔の長さ1m58cm、幅1m6cm、156.75kg
大天狗(右)鼻の高さ91cm
顔の長さ1m76cm、幅1m6cm、134.25kg



古峯神社のご案内

新宿を7時10分に出発したバスは、佐野SAで20分休憩し、9時55分に古峯神社の駐車場に到着。ここから歩いて2分ほどで、古峯神社の一の鳥居が見えてきます。一の鳥居に近づくと、すぐその先に二の鳥居が見えます。

古峯神社の鳥居は、まるで金太郎飴

二の鳥居に近づくと、すぐ先に三の鳥居が見えてきます。三の鳥居の前に、「古峯神社」の社号が立っています。

三の鳥居をくぐると、四の鳥居が正面目の前に。

この四の鳥居をくぐり、右に曲がると五と六の鳥居が階段上に立っています。なんと、たったの1〜2分歩くだけで、六つの鳥居がまるで金太郎飴のように出てきました。

さらに、驚いたことに⁉︎

じつは、一の大鳥居は駐車場に着く前、6㎞先の古峯ヶ原街道にあります。バスは一瞬で通過してしまいますので、写真を撮ることもできませんでした。

ですから、古峯神社の鳥居は、全部で7つあることになります。その鳥居ですが、写真でもわかるように、みな年季の入った由緒ある雰囲気をしています。

五と六の鳥居の階段を上がり、右へ行くと社殿の中に入れます。

社殿右の方の暖簾がかかっているところから中に入ります。

ご祭神ヤマトタケルとご神徳

社殿の中に入ると、大広間のようなところに参拝する場所があります。この大広間には、ヤマトタケルの生涯を描いた絵が9枚かかっています。ここでは、3枚だけ取り上げます。

手にしているのは、叔母のヤマトヒメからいただいた三種の神器の一つ草薙の剣。

火のワナにあったヤマトタケルが草を斬り払っている場面。このことから、ご祭神は火防の神として崇められています。

ヤマトタケルの妃のオトタチバナヒメノが海神の怒りを鎮め、船が出航できるようになる場面。このことから、海上安全、大漁満足などのご神徳もあります。

その他のご神徳は、国家安泰はもとより、家内安全・商売繁盛・交通安全・当病平癒・身体健全などなど。

古峯園(こほうえん)を歩く

古峯園の入り口は、四の鳥居の先にあります。

開園:昭和53年(1978)7月1日
面積:82,500平方メートル(25,000坪)庭園としては日本最大の規模
入園料:300円

橋の向こうに見える小屋が、料金所。橋から眺める渓谷が、素晴らしいですね。

料金を払い、木立と紫陽花の小道を歩いていきます。


2〜3分で開けた峯の池に出ます。空気が澄んでいて、とても清々しくリフレッシュできます。

峯の池の左の方を見ると、休憩所の静峯亭。菖蒲がずっと続いています。菖蒲の花が咲いている頃に来たかったですね。

峯の池を右の方へ歩いていくと、反対岸に峯の滝が見えます。高さ16m。

さらに右の方、やや登り坂を歩いていくと、峯の茶屋翠滴(茶室)があります。


休憩所の静峯亭を遠目に見ながら、古峯神社へ戻ります。


▶︎【日光東照宮と奥宮】見ざる・言わざる・聞かざる【8枚全解説】そして四猿?

▶︎【二荒山神社】大黒様・むすび大国・良い縁打出の小槌と珍しい唐銅鳥居

おすすめの記事