榛名神社の七福神

なぜ、榛名神社に七福神が祀られているか? わかりません。

榛名神社の主祭神である火の神・火産霊神(ほむすびのかみ)と土の神・埴山姫神(はにやまひめのかみ)とは、特に何の関係もありません。

「榛名神社の七福神のいわれ」をご存知の方は、お教えください。よろしくお願いいたします。

では、七福神を探しに出発しましょう!

七福神の説明は、ウィキペディアを参考にしました。

みそぎ橋のたもとに寿老人

隋神門をくぐりと、みそびばしがあります。ここに道教の神で南極星の化身の南極老人、寿老人が立っています。日本の七福神の一人としては白鬚(しらひげ)明神とされることもあります。

寿老人

千本杉の先に布袋

唐末期の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したといわれる仏教の禅僧。その太っておおらかな風貌が好まれ、手にした袋から財を出して与えてくれます。弥勒菩薩の化身ともいわれます。お腹が触られて、ピカピカに光っています。

布袋

売店「梅の店」と「三昇堂」の前に福禄寿

道教の宋の道士天南星、または道教の神で南極星の化身の南極老人。福禄寿は、寿老人と同一神とされることもあります。長寿と福禄をもたらします。

福禄寿

三重塔の前に恵比寿

イザナギとイザナミの間に生まれた子供「蛭子(ヒルコ)」もしくは大国主命(オオクニヌシノミコト)の息子である「事代主命(コトシロヌシノミコト)」。古くは「大漁追福」の漁業の神です。時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす神となりました。唯一日本由来の神です。

恵比寿

神橋の先に弁才天

七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー。仏教に取り入れられ、音楽・弁才・財福・知恵の徳のある天女となりました。七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることもあります。

弁財天

神門を入って大黒天

インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神。日本古来の大国主命(オオクニヌシノミコト)とも。食物・財福を司る神です。

大黒天

七福神の絵馬

これで、七福神の6柱は見つかりましたが、あと1柱「毘沙門天」を目にしていません。

参拝後のバスの中でも、「七福神が6柱しかなかった」という声を聞きました。私も7柱全部写真に収められたか、ちょっぴり不安になりました。なぜなら、榛名神社の参拝では、この七福神が目的ではなかったからです。この榛名神社に七福神が祀られているのは、当日添乗員の話で知りましたから。

このように、随神門から参道をまっすぐ奥へ行ってしまうと、毘沙門天を見られないのです。では、毘沙門天はどこに? 家で撮った写真をチェックしていると、毘沙門天が写っていました。ふ〜、安心しました。

なんと、毘沙門天は随神門の脇に立っていたのです。基本的に、コース外になってしまう場所でした。

隋神門の右に毘沙門天

元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神。戦いの神でしたが、仏教に取り入れられてからは、福徳増進の神としてしだいに民衆に信仰されるようになりました。日本では毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ)と呼ばれます。

毘沙門天

以上、この榛名神社に祀られている七福神の姿が、あなたの想像していた七福神ではないでしょうか。七福神のマップを掲載しておきます。おおよその位置です。

七福神の地図

終わりに天狗

ちなみに、榛名神社・神楽殿の前にいるのは、七福神ではなく天狗様です(写真・下)。

←榛名神社に戻る

天狗様

おすすめの記事