たんばらラベンダーパーク

【はとバス】2009年8月6日(木)
たんばらラベンダーパーク〜吹割の滝 他 その①

たんばらラベンダーパークって?

今回は、吹割の滝がメイン。だから、「たんばらラベンダーパーク」は聞いたこともなく、関心もありませんでした。

帰ってからネットでラベンダーの花畑の美しさを見るにつけ、花の観光地はやはり花のピークに行かなければと思いましまた。ちょっと残念な気持ちにもなりました。

しかし、日帰りバスツアーはまだ4回目。このころは、まだメインの観光地を決めて参加していたのです。ツアーに含まれる他の観光地はオマケみたいな気でいました。

日帰りバスツアーには、大きな観光地が必ず2か所は含まれています。事前に、ホームページには目を通しておくことをオススメいたします。

たんばらラベンダーパークのリフト

リフトで大展望台へ。丘を歩いて下ります

「たんばらラベンダーパーク」の滞在時間は、だいたい60〜90分の時間を取っていると思います。まずは山リフトに乗り、大展望台に行くことをオススメ。ただし、大展望台でまわりを眺望する時間はあまりないかもしれません。その後、ゆっくり歩いて下りながら、ラベンダーや他の花々を鑑賞しましょう。

ご注意】リフトの待ち時間を計算しておかないと、上へ行っても急いで下りてくることになりかねません。基本的には、この緩やかな斜面のラベンダーを歩いて下りながら鑑賞するのがベストです。

あとは、入り口のショップを覗いてみましょう。ラベンダーを使ったお洒落な商品がたくさん並んでいます。公式インスタグラム〈#たんばらラベフォト2017〉もあります。

たんばらラベンダーパーク・公式ページ

終わりに

「たんばらラベンダーパーク」では、写真家が2箇所で撮影してくれます。入園前の集合写真とリフトに乗っているところです。出発前にはプリントができ上がっています(有料、1枚1,000円ほど)。売店近くで、撮った写真を展示しています。

【はとバス】たんばらラベンダーパーク〜吹割の滝 他 その②
東洋のナイアガラ、吹割の滝〉へ続く

たんばらラベンダーパーク
たんばらラベンダーパーク
たんばらラベンダーパーク

 

たんばらラベンダーパーク
たんばらラベンダーパーク

おすすめの記事