酒列磯前神社の樹々のトンネルの参道酒列磯前神社 2019年1月19日参拝

酒列磯前神社、まずは樹叢のトンネン参道

第一鳥居付近には終車場がありません。拝殿前すぐ隣に終車場があります。この場合、すぐ拝殿に入って参拝してしまう人々が多いと思います。

しかし、この終車場からは5分ほど歩きますが、第一鳥居から参道に入ることをオススメします。素晴らしい樹叢の参道が歩けますから。

酒列磯前神社の正面鳥居

では、第一鳥居から参道を歩きましょう。この樹叢のトンネルのような参道はいかがでしょうか。

酒列磯前神社の樹々のトンネルの参道
酒列磯前神社の樹々のトンネルの参道

この熱帯雨林に生えているような樹は、樹齢300年をこえるタブノキ(クスノキ科タブノキ属の常緑高木)といいます。すごい枝ぶりでしょう。こんな樹々のトンネルが300mも続いているのです。この参道を歩かないのは、もったいないでしょ!

遠くに見える鳥居の先が、拝殿になります。また、参道の最後の方の左に「海が見える鳥居」があります。

海が見える鳥居

宝くじが当たる「幸運の亀」

鳥居をくぐると、左に「幸運の亀」さんが出迎えてくれます。なんでも、酒列磯前神社を参拝した宝くじの高額当選者が寄付してくれた亀さんだそうです。案内には、宝くじ祈願の方法が書いてあります。

  1. 当社の前で神様にお参りする
  2. 授与所で金運お守りを受ける
  3. 亀さんを撫でて御利益を得る

酒列磯前神社・幸運の亀

ところで、亀さんを撫でてから宝くじを買うまでは、手はそのままにして何も触ってはいけないと、添乗員さんが話していました。しかし、酒列磯前神社の近くには宝くじ売り場がありません。他の場所で宝くじを買う前に、なにかを触ってしまいますよね。

徳川斉昭公の腰掛石
幸運の亀の左隣には、水戸藩九代藩主の徳川斉昭公(とくがわなりあきこう)が、競馬祭を見学する際に腰掛けたという石がありました。

酒列磯前神社の拝殿と本殿

【ご祭神】
少彦名命(スクナヒコのミコト)通称、恵比寿さま
大名持命(オオナモチノミコト)通称、大黒さま

【ご神徳】
少彦名命は医薬の祖神。また、醸造の神、百楽の長である酒の神。
菅原道真公が学問の神として崇めていたことから、学業成就・合格祈願のご神徳があります。
http://sakatura.org

酒列磯前神社の拝殿
酒列磯前神社の本殿

拝殿上の左甚五郎作「リスとぶどうの彫刻」

リスとぶどうの彫刻

金網がかかっていて、よく見えないのが残念です。

酒列磯前神社のお守り

白と金の猫の容器に入っているおみくじが、なんともキュート。一番左に見える言の葉みくじ「いろしるべ」(200円)は、直感で8色の中から好きな色を選びます。小さく折りたたんであるおみくじを開くと「幸せ」への道しるべが出てきます。オシャレなおみくじです。

酒列磯前神社のお守り

酒列磯前神社の御朱印

終わりに

大洗磯前神社とこの酒列磯前神社は姉妹のような神社です。

文徳天皇の斉衡3年(856)12月29日に常陸国鹿島郡大洗磯前にご祭神大己貴命・少彦名命が御降臨になりました。里人の一人が神がかりになり、「我は大奈母知、少比古奈命なり。昔、この国を造り常世の国に往きけり。今、再び民を済うため、帰えれり」と仰せられ、大洗磯前神社酒列磯崎神社が創建されました。

最後に、もう一度拝殿側から参道を見てみます。右下の石の並びは灯篭の台座です。2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災の時、灯篭は崩れてしまいました。

▶︎【御岩神社】賀毗禮神宮と宇宙飛行士ミッチェルと向井千秋が見た光柱?

酒列磯前神社の樹々のトンネルの参道

おすすめの記事