三峯神社・朔日のお守り三峯神社・朔日のお守り(写真出典)
朔日=陰暦で月の第一日。ついたち

お守りはご自身の参拝記念に購入したいものですが、最近は「神社には行けないけど、どうしても欲しい!」という方のために、販売しているところもあります。7,081円で販売していました。(2021年10月8日現在)
三峯神社 三峰神社 氣守 気守 秩父 白いお守り 美品

浅田真央さんの三峯神社「白い氣守り」

浅田真央さんがこの三峯神社の「白い氣守り」を持っているということで、メディアにも取り上げられ、大変有名になりました。今でも、浅田真央さんと同じお守りを手に入れようと、陰暦毎月1日にはたくさんの方が三峯神社を訪れます。前日の夜から駐車場に泊まり込む人もいるほどの人気だそうです。

お守りは、ご神木を入れて作った「氣守り」というお守りがあります。勇気・元気・やる気がみなぎるエネルギーが溢れるお守りです。ぜひいただいて、パワーを充電したいですね♪

陰暦毎月1日には、限定配布の「白い氣守り」が購入できます。2021年はコロナ禍で配布しているかどうかは、三峰神社にお問い合わせください。

Tel: 0494-55-0241(9:00~16:00)

三峰神社のお守り左上=2018年2月27日に参拝した時購入

【三峯神社】最強のパワースポットは遠宮・お仮屋神社

三峯神社のご由緒

三峯神社をつくられたのは、日本武尊(やまとたけるのみこと)。

『古事記』によると、第12代天皇である景行天皇の時代に、天皇が国を平和にすべく、日本武尊を東国に遣わされました。東国を旅する中で、日本武尊が現在の三峯神社周辺の山々を登った際に、この地の山や川が清く美しいことにいたく感動されました。

その美しさから、国生みの神話で有名な伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)に思いを馳せたそうです。そして、この2柱の神様を祀るべく、この地にお宮を建てたのが三峯神社の始まりです。

なお、この「三峯」とは「三つの峰」、すなわち、白岩山・妙法山・雲取山の3つの山の峰が美しく連なることから名づけられました。

三峯神社は狛犬ではなく、オオカミ

三峯神社の鳥居

三峯神社に行ってみると、他の神社と少し違う面白いものがあります。それは・・・狛犬ではなく、オオカミの像があることです。

三峯神社、最強のパワースポット遠宮・お仮屋神社

かつて、神社周辺に住む人々は畑を作って生活していました。しかし、山に棲むイノシシが食べ物を探して田畑を荒らし、何度もその被害にあったのです。なんとかして畑を守りたいと思った村人たち。そして、山のオオカミがイノシシを退治し、畑を守ってくれることに気づきました。

そこで、オオカミに感謝し、崇拝する気持ちから、オオカミが神様の使いの「お犬さま」としてあがめられるようになったのです。だから、狛犬の代わりに、オオカミの像があるのですね。

また、境内には「えんむすびの木」があり、女性に人気です。好きな人の名前を書いたら、この木におさめると恋愛が成就すると言い伝えられています!

三峯神社、最強のパワースポット遠宮・お仮屋神社

「白い氣守り」が欲しいという方は、以下の日帰りバスツアー参照

三峯神社の朔日参りツアー
大変混雑するため、三峯神社のみの参拝となることが多いことをご了承ください。2021年はコロナ禍で、朔日参りツアーはプランに入っているかどうかはわかりません。

三峯神社ハイキング(表参道コース)ツアー
由緒正しき表参道コースを約3時間ハイキングで登って参拝するツアーです。ハイキング開始から、三峯神社出発時間までは約6時間ありますので、毎月1日出発のツアーでは念願の【白い氣守り】も三峯神社到着後に余裕をもってご購入いただけます。行きのみ約3.7kmのハイキングで、帰りはバスで下山するので安心♪

旅行会社「四季の旅」にお尋ねください。

三峯神社

おすすめの記事