美保神社とご祭神ヤエコトシロヌシ(八重事代主神)の神。御朱印も。

バスツアー体験記

2019年7月13日(土)、美保神社・八重垣神社・出雲大社を参拝してきました。
新宿出発は、前日12日(金)の夜9時45分です。

ヤエコトシロヌシ(八重事代主神)

ご祭神コトシロヌシ(事代主神)の神

『古事記』ではオオクニヌシの神と神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)の子とされ、『日本書紀』ではオオクニヌシの神と高津姫神(タギツヒメ)との子とされます。

出雲の国譲り

高天原の三度目の派遣であるタケミカヅチノとアメノトリフネの二柱の神は、出雲の稲佐の浜に降り立ちます。タケミカヅチは剣を抜き、剣先を上にして海にさしました。そして、その上にあぐらをかいてオオクニヌシに問いました。

「我々はアマテラスとタカムスヒノカミの神の使いである。汝が領有している葦原中国(あしはらのなかつくに)は、アマテラスの御子が治めるべき国であると詔を発した。汝はどう思われるか」

「私にはお答えできません。我が子ヤエコトシロヌシノ(八重事代主神)からお答えさせましょう。けれど、息子は鳥を狩りに、魚を海に釣りに出かけて、帰っていません」

コトシロヌシ、青柴垣の中に隠れる?

そこで、タケミカヅチはアメノトリフネを遣わし、コトシロヌシを連れてこさせ尋ねました。コトシロヌシは、父オオクニヌシに、

「かしこまりました。葦原中国は、アマテラスの御子に奉ります」

そう言うと、コトシロヌシは自分の船を踏んで傾け、天の逆手という特殊な柏手を打って、自分の船を青柴垣(あおふしがき)に変えて、その中に隠れました。

【天の逆手】手の甲どうしで打つ柏手で音が出ません。音が出ないので「忍び手」ともいいます。神道では、「忍び手」は死者に対する柏手の作法です。
【青柴垣】(あおふしがき)柴垣とは、魚が一度入ったら出られなくなる仕掛け。
コトシロヌシノカミは、こう言いたかったのかもしれません。「自分はもう、何の障害にもなりません」と。

美保神社のご案内

ゑびす様の総本宮

全国各地にあるコトシロヌシを祀る「ゑびす社」3385社の総本宮として、広く信仰されてきました。ゑびす様は魚釣りを好まれ、「魚を海に釣りに出かけて〜」と古事記には記載されています。



神門
神門にかかっているしめ縄、その大きさはさすがに出雲地方だなと思わせます。

大鼕(おおどう
神門をくぐると右にあります。ご祭神が歌舞音曲の神として崇敬を集めていることから、多くの鳴物(楽器)が奉納されています。そのなかで、この大鼕が一番大きいと説明されています。

美穂神社の拝殿
昭和3年(1928年)に造られたもの。檜造りで、屋根は杉板を敷きつめた柿葺き(こけらぶき)。なんでも船庫をまねた造りなので、壁も天井もなく、この構造に加え周囲が山に囲まれているため、優れた音響効果をもたらしています。
(http://mihojinja.or.jp)

毎日朝8時30分から日々のお供えをし、神恩に感謝する祭典である朝御饌祭(あさみけさい)が行われていました。

本殿
屋根の上のX字形のものは、千木(ちぎ)といいます。先端が地面と平行になっているのが女千木(内そぎ)で女神を、垂直になっているのが男千木(外そぎ〉で男神を表わしているそうです。だから、左が美穂津姫命(ミホツヒメノミコト)を祀り、右が事代主神(コトシロヌシノカミ)を祀っていると考えられます。

美穂神社のご祭神とご神徳

美穂津姫命(ミホツヒメノミコト)
高天の原から稲穂をもってきた女神で、五穀豊穣・夫婦和合・安産・子孫繁栄、歌舞音曲の守護神。大国主神の后。美保という地名はこの神の御名に縁があると伝えられています。

事代主神(コトシロヌシノカミ)
大国主神の長男。鯛と釣竿をもったゑびす様。海上安全・商売繁盛・歌舞音曲の守護神。

事代主神と美穂津姫命事代主神と美穂津姫命(美穂神社蔵)

福種銭(ふくたねせん)
袋の中に「福の種」である十円も新硬貨が入っています。この新硬貨はすぐに使ってください。福の種を世の中に回すことで、福が廻り回って自分に還ってきます。帰ってきたら、袋の中にお礼を入れてお返しし、また新たに福種銭をいただいてください。

美穂神社・拝殿と本殿

では、境内の見るべきところをご案内します。拝殿右横から、左回りに拝殿・本殿を一周します。

(写真・上)御霊石(おたまいし)。丸い石を触るとお腹の子が健康に育つといわれています。でも、触れられるような感じではありません。誰も、手を伸ばして触れていませんでした。

(写真・下)御霊石の右上隣にあります。一つの社で宮御前社・宮荒神社・船霊社・稲荷社です。


拝殿・本殿の右裏にある社で、1つの社で若宮社・今宮社・秘社。

御神竹
ご神木はよく見ますが、ご神竹は初めて見ました。でも、なんだかご神木と比べ、弱々しい感じがしてしまいます。(謝)

鯛の絵馬と縁結びのお守り
鯛と釣竿を持つゑびす様らしい鯛の絵馬と縁結びのお守りです。

美保神社の御朱印

美保神社の御朱印

終わりに

美穂関漁港

美穂関漁港に面した美穂神社。地図を見ると、島根県の突端にあります。
ある人が、こんなことを言っていました。
「なんで、こんなに何もない半島の突端に、神社を作ったのだろうか」と。でも、それが神社の良いところだと思いませんか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました