はとバス日帰りバスツアー

私の日帰りバスツアー体験記

高山直物の宝庫、千畳敷カール〜極楽平

千畳敷カール

おもな観光地(2013年7月23日/足元ゆったりはとバス・レガート)

  1. 駒ケ岳ロープウェイ
  2. 千畳敷駅から極楽平へトレッキング
  3. 千畳敷カール

千畳敷カールまでのアクセス

・駒ヶ根高原からは許可車以外は乗り入れ禁止となっています。
・身障者、団体割引、小人割引があります。
・バス・ロープウェイは通年の運行ですが、雨量、強風など天候により運行が休止となることがあります。(2017.5.21現在)

千畳敷カール|信州駒ヶ根ガイド〉より

駒ケ岳ロープウェイ

しらび平駅までは、はとバスです。ここからは、駒ケ岳ロープウェイで千畳敷駅(ホテル千畳敷)まで、約7分30秒で登ります。

駒ケ岳ロープウェイ

千畳敷駅から極楽平へトレッキング

60歳になった私には、まさに、極楽に行ってしまうようなトレッキング。7月23日の夏の曇り日でしたが、頂上は寒かった。せっかく頑張って岩がゴロゴロしている道を30分も登ってきたのに、霧が立ち込め、絶景がぜんぜん見えません。

極楽平

帰りも、同じように厳しかった。一緒に登った30〜40歳ぐらいの人々は、さっさと上り下りしてました。ふだん歳は感じませんが、この時は歳を感じたな〜。

降りてくるときには、しらび平駅から千畳敷駅にくる駒ケ岳ロープウェイが何度か見えました。(一番上の写真)
(注意)標高2,500メートルですので、夏でもウィンドブレーカーを持っていくことをお勧めします。

千畳敷カール

カールとは、2万年前、氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形のことです。中央アルプスには、日本を代表する「千畳敷カール」「濃ヶ池カール」等のカールがあります。「千畳敷カール」は、高山植物の宝庫としても知られています。

千畳敷カール
千畳敷カール

標高2,500mを超える高山帯の岩肌の真下に広がる千畳敷カール。日も差してきて、写真撮影にはよい天気になりました。緑が美しいお椀型の周りをトレッキングではなく、緩やかな遊歩道を歩きます。遊歩道は、周遊約40分です。畳を1,000枚敷いた広さがあることから「千畳敷カール」と呼ばれています。

高山植物も多く、この日撮影した花は、群生したコバイケイソウ、黄色いシナノキンバイ、小さな鐘のようなアオノツガザクラ。

コバイケイソウ
コバイケイソウ
シナノキンバイ
シナノキンバイ
アオノツガザクラ
アオノツガザクラ
千畳敷カールの高山植物

この2013年4月購入した「Nikon1 J3(シルバー) 小型10倍ズームキット」の試し撮りができました。これ1台で近影から望遠までこなせます。
※Nikon1 J3 小型10倍ズームキット(シルバー)は2013年2月発売(販売終了)

Nikon 10倍レンズ


pagetop