豊玉姫と妹・玉依姫豊玉姫(出典:ウィキメディア)

豊玉姫の一目惚れ

豊玉姫の侍女は、首飾りの玉がくっついた器を主人のところに持って帰りました。

豊玉姫は、器を手に取ると問いました。
「門のところに誰かいたのですか?」

「井戸のそばの桂の木の上に若い麗しい方がおりました。
その方が『水を一杯いただけないでしょうか』というので、
水を入れた器をさしだしたのです。
すると、首飾りの玉を口に入れ、噛んで器に吐き出しました。
すると、このように器から取れなくなったのです。
きっと、何かの神に違いありません」

不思議に思った豊玉姫は、門のところに出てみました。
すると、そこにいた山幸彦を一目見るなり、恋に落ちてしまいました。
山幸彦も、豊玉姫から視線をそらすことができません。
二人は、しばらく見つめ合っていたのです。

豊玉姫の父・綿津見神(ワタツミノカミ)

しばらくして、豊玉姫は宮殿に戻り、父・綿津見神に話しました。
「門のところに、麗しい方がいらっしゃいます」

綿津見神は門の外に出てみると、驚きました。
「この方は天つ神御子ではないか」
綿津見神は宮殿に戻りと、アシカの皮や絹の敷物を何枚も敷いて山幸彦を招き座らせました。
たくさんのご馳走も用意しました。そして、山幸彦と豊玉姫を結婚させました。

そして、山幸彦がここに住んでから、すでに3年も月日が流れていました。

山幸彦の愁いの理由

ある日、山幸彦は大きなため息をつきました。
なぜなら、ここに来た理由、兄・海幸彦の釣り針を探しに来たことを思い出したからです。
それを見たいた豊玉姫は驚いて、父に相談しました。
「今まではこんなことはなかったのですが、
夫が大きなため息をして愁いているのです」

綿津見神は、山幸彦に尋ねました。
「娘に聞いたのですが、何かお悩み事でもあるのですか。
そいえば、ここにいらした理由もまだ聞いていませんでした」

山幸彦は、兄の釣り針を探しに来たことなど詳しく語りました。
すると、綿津見神は小さな魚から大きな魚まで、魚という魚はすべて集めて問いました。

「だれか、釣り針を知っている魚はいるか?」

魚たちが答えました。
「この頃、タイがのどに骨のようなものが刺さって、
ものが食べられなくなり困っています。
きっと、それが探している釣り針ではないでしょうか?」

さっそく、綿津見神はそのタイを呼んで、のどを調べると、確かに釣り針が刺さっています。
さっそく、釣り針を取り出し、洗い清めると山幸彦に差し出しました。

おすすめの記事