はとバス日帰りバスツアー

足利フラワーパークの大藤〜つつじが岡公園

足利フラワーパークの600畳敷きの藤棚

おもな観光地(読売旅行:2015年4月30日)

  1. 足利フラワーパークの大藤
  2. 館林つつじが岡公園
  3. 太田・八王子山公園

足利フラワーパークの大藤

日帰りバスツアーで、足利フラワーパークには2回行きました。
はとバス:2012年5月20日「ひたち海浜公園ネモフィラ〜足利フラワーパーク」
読売旅行:2015年4月30日「館林つつじが岡公園〜足利フラワーパーク」

1回目の2012年は満開のピークも20日ほど過ぎていて、残念ながら大藤の壮観な光景は見られませんでした。が、遅咲きのめずらしい黄色の藤が見られました。
2回目の2015年04月30日は、大藤の満開。一週間前はまだ満開になりそうもなかったのですが、その週はどんどん温かくなり、開花がすすみ、満開のピークでした。

あぁ、見られて良かった!冥土の土産になった(^o^)
2012年5月に行った時、パンフレットでその美しさをどうしても見たいと思っていました。そんな樹齢150年の600畳の大藤には、圧倒されました。写真でも、人物の比較からその大きさが分かるかと思います。

園内は日差しも強く、かなり暑くなり、アイスクリームが売れに売れていました。また、韓国人や中国人の方も来園していました。

大藤アップ
600畳敷きの藤棚

樹齢150年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの自藤のトンネル、きばな藤のトンネルなど350本上の藤が咲き誇ります。咲く藤の順番としては、うす紅、紫、白、黄色の順番で約1ヶ月間楽しめます。
CNNより、映画アバターの魂の木の様な幻想的な光景が広がると賞賛され、「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれました。(サイトより)

ふじのはな物語 大藤まつり2017 | あしかがフラワーパーク

足利フラワーパークの白藤
足利フラワーパークの藤壁
足利フラワーパークの藤壁

夜の大藤は、まさに幽玄美!

大藤夜景・幽玄な世界
大藤夜景・幽玄な世界

夜の大藤、やはり見たいな〜!
今回は、Facebook友達の〈茨木智子さん〉が、2016年に行かれたときの写真をご好意でお借りできました。どうぞ、その世界を堪能ください。あなたも、きっと見たくなると思います。その体験ができるのはもうすぐ、4月末から5月初めです。

群馬県・館林つつじが岡公園 なんと樹齢800年!

「高さ5mもある大きなツツジなんて、見たことなかった!」
こんなに多くの種類のツツジ、大きなツツジは想像もしていませんでした。館林といえば童話「文福茶釜」のタヌキを連想する人も多いと思いますが、この「館林つつじが岡公園」のツツジは、樹齢800年を越す古木もあり、高さ5mほどの樹々が多くあります。
あくまで、今回のコースのメインは足利フラワーパークの藤です。が、ここ館林つつじが岡公園だけでも、十分バス料金にあたいします。

この公園は古来からヤマツツジの自生する地で、室町時代の書物にも「躑躅ヶ崎」の名で記されています。 江戸時代の初期には、既にツツジの名所として近隣に知られ、1627年に館林城主 榊原(松平)忠次が、ツツジの古木 群をこの地に移植して以降は、大名らの手により保護育成が図られてきました。

大きな5mを越すヤマツツジの古木
館林つつじが岡公園
館林つつじが岡公園

公園を代表する品種、ヤマツツジ、オオヤマツツジの中から、特に花色の変異したものを、館林市オリジナル品種として登録しました。この8品種はまさに、ここ、つつじが岡だけのものです。加えて、館林出身の宇宙飛行、向井千秋さんがスペースシャトル・コロンビア号に搭乗した際持って行った種から育てた「宇宙ツツジ」も園内で見ることができます。(館林市つつじが岡公園ガイド)

館林市つつじが岡公園ガイド

館林つつじが岡公園
館林つつじが岡公園

●アクセス
 東北自動車道館林インターから3分(約4km)
 東武伊勢崎線/館林駅から歩いて30分 (約2.5km)

館林つつじが岡公園
大徒渉池。毎年7月下旬から約1ヶ月間昼に噴水が出ます。

太田・八王子山公園のネモフィラと芝桜

最後に、ネモフィラ、芝桜の絨毯(じゅうたん)の中を散歩します。この公園には、ポピーなどの春の色々な花々が植えられています。こどもの日の前でしたので、鯉のぼりも上がっていました。

1日にこれだけの観光ができて、8,000円以下なのですから、日帰りバスツアーはお得です。今回は「読売旅行」の立川発で行きました。

太田・八王子山公園

太田・八王子山公園のネモフィラ
太田・八王子山公園の芝桜
太田・八王子山公園の鯉のぼり


pagetop